PMS対策をして悩みを解消させよう|症状を知ってできる対策法

月経前症候群

バッグを持つ人

様々な症状

女性は生理の3日〜10日前からPMSの症状に悩まされる事が多いのです。心と体に様々な症状が現れるようになるでしょう。イライラや不安感、憂鬱、情緒不安定、落ち着かないといった精神的な症状も出てきます。さらには体の表面上では肌荒れやにきび、乳房の張り、さらに見た目ですぐに分かってしまうような体重増加、さらに腰痛やむくみ、頭痛など多くの症状があると言えるでしょう。人によって現れる症状は異なり、全く感じない人もいれば酷く寝込んでしまう人もいるのです。月経困難症、月経前不快気分障害、更年期障害などはPMSと似ているため見極めが難しいでしょう。PMSになる原因には、エストロゲンとプロゲステロンの女性ホルモンがバランスを崩すことが関係していると言われているのです。ホルモンの変動は、体に大きな変化を起こすことになるのです。

対策と改善方法

PMSはストレス、喫煙や飲酒、潜在性鉄欠乏症貧血などによって症状が重くなることがあるのです。PMSの対策では、低用量ピルを飲むことがあるのです。正しく服用することで、PMSや生理痛のなどの症状を緩和させることができるでしょう。食生活の改善も治療の一つなのです。ビタミンB6が含まれた食材は、空腹感や疲労感を軽減させる働きがあるのです。マグネシウム、カリウム、ビタミンEなども効果があるので、バランスよく摂ることが望ましいでしょう。食事から摂る事が難しい場合は、サプリメントを利用するのもいいでしょう。ヨガもPMSの治療に効果的なのです。体中の気の巡りをよくして、心身をリラックスさせることができるのです。自分自身がPMSの時期を把握して、自覚することも治療になるでしょう。

Copyright © 2016 PMS対策をして悩みを解消させよう|症状を知ってできる対策法 All Rights Reserved.