PMS対策をして悩みを解消させよう|症状を知ってできる対策法

症状と食品

頭を抱える婦人

いろいろな症状

pmsは女性特有の病気ですが、その症状にはいろいろなものがあります。精神的にイライラしたり、急に甘いものが食べたくなったりします。身体的には、乳房が腫れて痛くなったりします。こうした精神的、身体的な不調をあらわします。こうした症状が出るのがpmsですが、正式名称を月経前症候群といいます。その名前のとおり、pmsの症状は月経の前にでてきます。目安としては月経の10日前程度にあらわれます。しかしながら、このpmsは自覚症状がなく女性であってもほとんど知られていないことが多いです。自覚症状を持っている女性の割合は約4割程度しかいません。ましてや、pmsの治療方法を知っている人はさらに少なくなります。

おすすめの食品

治療方法の代表的なものは薬物投与ではありますが、それよりも効果的といわれている治療法が食事療法です。治療に効果のある食品を食べたり、避けるべき食品を避けることが大切になります。その具体的なものとしては、まず避けるべき食品は、カフェインが多く含まれているコーヒーや緑茶などです。これらのものはあまり多く摂取することは避けた方が良いです。症状が重くなる場合があるからです。それでは、食べたほうが食品はどのようなものがあるのかというと、ビタミンB6やカルシウムが含有されている食品などです。かつお、海藻類に多く含まれているので、そうしたものを食べると良いです。イライラなどの症状を緩和させる効果を持っています。

Copyright © 2016 PMS対策をして悩みを解消させよう|症状を知ってできる対策法 All Rights Reserved.